カラーコンタクト市場の魅力

これからの更なる成長が期待されるカラーコンタクト市場

カラーコンタクトレンズは近年普及が進み、品質・ラインナップともに著しく成熟してまいりました。今後は更なる市場の拡大が期待されており、ドラッグストアをはじめ他店舗展開をされている企業様にとって見逃せない商品となっております。カラコン品揃え日本一のヘルス&ビューティーベンダー「ライズアップ」が、カラーコンタクト市場の魅力についてお伝えいたします。

カラーコンタクト市場が拡大している背景

法整備:2009年に法的な基準ができたことで品質が向上

「カラコン」と言うと「品質が悪い」「危険」といったイメージが先行しがちかもしれませんが、それはもう過去の話。カラーコンタクトレンズは2009年に薬事法で「高度管理医療機器」に指定され、視力矯正用のコンタクトレンズと同等の品質管理が義務化されました。レンズの品質は年々向上しており、「安心して使えるファッションアイテム」として認知されつつあります。

一般化・世代拡大:「メイクの一部」として広く使われるように

カラーコンタクトが普及し始めた当初からのユーザーが20代後半になった今でもカラーコンタクトを使い続けており、ユーザーの年齢層が拡大。広い世代が日常的に使うようになったことで、カラコンは「メイクの一部」として捉えられるようになりました。ファッションアイテムとして一般化していくなかで、カラーコンタクトレンズの販売数は増加の一途を辿っています。

品目増加:商品のバリエーションが増えたことで購買意欲を刺激

カラーコンタクトレンズは様々なブランドとしてリリースされており、弊社での取り扱い数は66品目(2013年3月現在)に及びます。瞳の大きさや模様、色のニュアンスなど選択の幅が広がったことで、ユーザーの購買意欲促進につながっています。話題性の高いファッションモデルやタレントとタイアップしたブランドも多く、需要拡大の大きな要素にもなっております。

店舗でカラーコンタクトを取り扱うメリット

上記のような理由でカラコンの需要が高まっているなか、ドラッグストア・バラエティショップなどでカラーコンタクトレンズの取り扱いを始めることはどのようなメリットを生むのでしょうか? そのメリットは、大きく3種類に分けられます。

新規集客の増加

カラーコンタクトは日本全体の販売量の7割がネット通販によるものですが、これはカラーコンタクトを取り扱っている実店舗がまだまだ少ないため。実店舗はネット店舗に比べて下記のようなアドバンテージがあるため、ネット通販でカラーコンタクトを買っているユーザーや、カラーコンタクトに興味を持つ潜在ユーザーなどの集客が見込めます。

実店舗 ネット通販
その場で受け取れる 注文してから1~数日待たされる
実物を見て比べられる 画像でしか見比べられない
友達などとショッピングを楽しめる 基本的に1人でサイトを閲覧する

品揃えが豊富なライズアップなら、様々な国内の人気ブランドをご提供可能です。ネット通販に負けない充実の品揃えと実店舗としての強みを活かすことで、新規集客&リピーター増を狙えます。

店舗の客層拡大

カラコンのメインターゲットは10代~20代の女性。ファミリー層が主要顧客となっているドラッグストア様などでは、新たな客層の開拓にご活用いただけます。

売上アップ

「新規集客」と「客層拡大」による売上アップが見込めます。単純にカラーコンタクトで売上をアップさせるだけでなく、店内の導線設計などに配慮することでそのほかの商品の購入機会も創出。売上を「底上げ」することが可能です。

さらにライズアップならサポートも充実!

ライズアップの強みは、業界No.1のカラコンブランド取り扱い数に加えた「サポート力」。納品後も弊社スタッフが店舗様までうかがい、無償の販促アイテムご提供や、売れ行きの悪い商品を弊社責任としてのお引き取り、人気ブランド新商品のご紹介など、さまざまなご提案で「生きた売り場」作りに貢献いたします。カラーコンタクトの管理方法や商品説明などのレクチャーもいたしますので、カラーコンタクト未導入の店舗様・本部様もご安心くださいませ。

PICK UP なぜ日本でカラーコンタクトが人気なのか?

日本は、世界的に見てカラーコンタクトレンズの使用率が高い国だと言われています。その理由は、「黒い瞳の人が大多数だから」。欧米の場合、瞳の色が違うのは当然のことで「目の色も含めてその人の個性」と見られる文化があります。一方、日本人は黒い瞳の人がほとんどであるため、カラコンを付けて「瞳の色で個性を出したい!」という欲求が欧米よりも遙かに高いというわけです。

また、「瞳を大きく見せたい」という理由で瞳と同じ色のカラーコンタクトをつける人も大勢です。現在はファッションモデルやタレントの多くがカラコンを使用しており、それをTVや雑誌などで見て「自分も使いたい!」とカラーコンタクトレンズを買い求めるケースも多くございます。

こちらではカラーコンタクト市場の魅力についてご紹介いたしましたが、カラコンの安全性についてまだまだ納得しきれていない方もいらっしゃるかもしれません。そこで、「カラーコンタクトにまつわるウソ・ホント」というページをご用意しております。カラーコンタクトについての「本当のこと」をお伝えいたしますので、ぜひご参照くださいませ。

ライズアップへのお問い合わせはこちらから
  • ライズアップ 4つの強み
  • マーケティングデータ
  • コンタクトレンズをメインとしたベンダー
  • デザイン力
  • コンタクトレンズの受託製造
ライズアップのご提案内容 カラーコンタクト未導入の店舗様へ 現状のカラーコンタクト売り場に カラーコンタクトの販売力を伸ばしたい店舗様へ ライズアップの棚作り
ページの先頭へ戻る